うつ病の治療は医療機関で受けてじっくりすっきり悩み改善

最新手段を考える

うつ病治療について考える

頭を押さえる女性

うつ病治療について。 うつ病の治療の中でも最新のものについてご紹介いたします。 最近はうつ病を数値で見える化する「光トポグラフィー検査」というものがあります。 体に害のない近赤外光を使うことで、前頭葉の血液量の変化のパターンを数値化する検査です。 これによって、その人がうつ病か否かを客観的な数値として判断することが可能となるそうです。精神的な病気の中でも、特にうつ病は人から色々と疑われたりするものですが、数値として客観的に見ることが出来ればその問題は一気に解決するのではないでしょうか。 ただし光トポグラフィー検査は、予約が必要なのと、検査料金が一万円以上と高額なこと、さらには機器を導入している医院が少ないことなどの難点があります。

磁気刺激療法について

うつ病治療の最前線には、もうひとつ、磁気刺激治療法というものがあります。これは、脳の中の背外側前頭前野に磁気刺激を与えることで、扁桃体に刺激を伝え、脳の活動を正常化させる治療です。 磁気刺激療法は副作用がほとんどなく、安心して受けられる治療と言われておりますが、1度の治療費が5万円以上程度かかる見込みで、多くの人にとっては軽い気持ちで受けるのが難しい治療と言えるでしょう。 うつ病には、このように最新の治療というものがあり、そのレベルや治療の制度は以前とは比べ物にならないくらい進歩しているようです。物事を悲観的に考えるよりも、科学の進歩に期待しながら、楽観的にすごすという方法もあるかもしれませんね。